スポンサーサイト

  • 2010.05.28 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


<乱気流事故>ベルトの着用、揺れ直前に点灯か 運輸安全委(毎日新聞)

 マニラ発成田行きのノースウエスト航空(現デルタ航空)のボーイング747−400型機(乗員乗客422人)が昨年2月、伊豆諸島・三宅島上空で乱気流に遭い、乗員乗客38人が重軽傷を負った事故で、運輸安全委員会は28日、調査の経過報告を公表し、揺れの直前にシートベルト着用サインが点灯していた可能性が高いことを明らかにした。

 重傷を負った乗客4人は後部座席に集中しており、シートベルト着用状況が影響した可能性もあると見て、さらに調べる。

 同機からは着陸前に「負傷者は2人」との連絡があり、救急車1台が待機したが、負傷者が多く、追加要請で計15台の救急車が搬送を終えたのは着陸から約3時間半後だった。安全委は、「機長に負傷者が多数の事故という認識がなかった可能性がある」としている。【平井桂月】

【関連ニュース】
<関連写真特集>UA機、乱気流に巻き込まれ20人けが
<関連記事>乱気流:43人重軽傷 着陸待機中のNW機
<関連記事>乱気流:新千歳行きエア・ドゥ機、茨城県上空で4人けが
<関連記事>乱気流:新潟で巻き込まれ、仏機で2人けが 成田空港

任天堂社員、傷害現行犯で逮捕 駐車割り込みで殴る(産経新聞)
自民、福島消費者相の不信任検討…普天間対応で(読売新聞)
移植渡航、自粛求める WHO決議案採択、臓器売買禁止明記(産経新聞)
角膜を親族優先提供 50代夫から妻に 改正移植法で初(産経新聞)
宮崎の10市町、ワクチン接種を受け入れ(読売新聞)

近鉄子会社の元社員を逮捕 着服10億円超…FX投資に(産経新聞)

 近鉄子会社のビルメンテナンス会社「近鉄ビルサービス」(大阪市中央区)の元社員が10億円以上を着服したとされる事件で、大阪地検特捜部は13日、電子計算機使用詐欺容疑で奈良県橿原市見瀬の元社員、逸崎良典容疑者(36)=懲戒解雇=を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、経理課に勤務していた平成20年4月〜21年11月、70回にわたり社内の銀行振り込みシステムを不正に処理し、約10億5200万円を自分名義の4口座に入金してだまし取ったとしている。金は外国為替証拠金取引(FX)につぎ込んだとみられる。

 同社の振り込みシステムは経理課の担当者が取引先への支払額を入力し、上司が専用パスワードで承認する仕組みだが、逸崎容疑者は導入時の管理者用仮パスワードを悪用。振込先に自分の口座をもぐりこませていたという。

 同社は昨年11月に業務上横領罪で告訴したが、特捜部はシステムのサーバーに虚偽の情報を与えた行為から電子計算機使用詐欺罪を適用した。

【関連記事】
10億円以上着服か 近鉄子会社元社員を聴取へ
犯人、時効は無いぞ!情報提供求めチラシ配る 愛知・蟹江3人殺傷1年
小1の1500円ネコババ巡査長、別の落とし物の現金も着服
着服した金を返すために着服 日本フリーザー元総務部長を逮捕
ネット証券「減収増益」傾向 手数料減もFX、コストカットが奏功
少子化を止めろ!

「朝日新聞襲撃」名乗った男性自殺?遺体発見(読売新聞)
米へ密入国?引き返し便の2人、旅券所持せず(読売新聞)
学校で飛び降り? 重体の中1が死亡(産経新聞)
B型肝炎訴訟 国側、和解勧告受け入れ表明 札幌地裁(毎日新聞)
首相、23日に沖縄再訪問へ(産経新聞)

<和服レンタル>「高額キャンセル料違法」消費者団体が提訴(毎日新聞)

 和服レンタルの高額なキャンセル料が消費者契約法に反するとして、さいたま市の適格消費者団体「埼玉消費者被害をなくす会」が11日、埼玉県羽生市の「杉山」に対し、キャンセル料を定めた規約の破棄を求める消費者団体訴訟をさいたま地裁熊谷支部に起こした。

 適格消費者団体は不当な行為をしている業者に改善を申し入れ、受け入れられないと行為の差し止めを求めて提訴できる。消費者庁によると、全国で9団体が認定されており、提訴は8件目。東日本では初めて。

 訴えによると、同社の規約は▽客のサイズに合わせて作った和服を貸し出す「オーダーレンタル」は契約後のキャンセルに応じない▽通常のレンタルも、契約日から1週間以内のキャンセルはレンタル料の30%、2カ月以上の場合は全額の支払いを求める−−などと定めている。同社の杉山弘紀社長は「法律に違反しているのであれば規約を直すつもり」とコメントしている。【平川昌範、大谷津統一】

空き家物置に女性遺体=死体遺棄で捜査−静岡県警(時事通信)
日本創新党の基本政策 集団的自衛権行使を容認(産経新聞)
両陛下、五輪入賞者招き茶会(時事通信)
参院島根に桜内朋雄氏=みんな、1人区初の公認(時事通信)
キャバ嬢から天引きの所得税を脱税 経営者逮捕(産経新聞)

<温室ガス>削減目標達成しても2割増 独研究チーム試算(毎日新聞)

 各国が国連に提出した20年までの温室効果ガス削減目標を達成しても、排出量は現在より最大2割増加するとの試算をドイツの研究チームがまとめた。目標数値が低い国が大半を占めるほか、目標達成に森林吸収分などを考慮することで、結果として増加を容認することになるという。22日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。

 昨年12月の国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)でまとめられた「コペンハーゲン合意」では、先進国に20年までの削減目標、途上国に削減の取り組みを同条約事務局に提出するよう求めた。今月13日時点で76カ国が削減目標などを同条約事務局に提出。日本は90年比25%減、欧州連合は同20〜30%減、米国は05年比17%減−−などとなっている。

 研究チームは各国の目標などから20年時点の排出量を試算した。「削減した」とみなされる森林吸収分などを考慮した場合、目標より実際の排出量が上回るため、先進国全体の排出量は90年比6.5%増の199億トン(二酸化炭素換算)。途上国分(294億トン)や国際航空、船舶などからの排出量も含めると最大計536億トンで現状比2割増になる。目標に幅のある国が最も厳しい数値を選び、国内の努力だけで削減した場合、先進国全体では157億トン(90年比15.6%減)と排出減を達成できる。だが、途上国での増加が続くことなどから、世界全体では現状比約1割増の479億トンになるという。

 同合意では世界全体の産業革命前からの気温上昇が2度未満にとどまるような大幅削減を目指している。だが、同合意に基づく各国の目標を達成しても今世紀末までに50%以上の確率で上昇幅は3度を超えると予測している。【大場あい】

【関連ニュース】
◇ニュースがわかる◇温室効果ガスを減らそう/1 まとまるか?「京都」後の約束
◇特集◇環境のページ
家畜:放牧が温室効果ガス抑制? 草原放出量…独研究
温室効果ガス:08年度 京都議定書の目標かろうじて達成
温室効果ガス:排出、インドネシアの熱帯雨林から? 北大など研究

茨城の女性殺害、容疑の28歳会社員の男逮捕(産経新聞)
<雑記帳>ホルモンうどんに韓国記者舌鼓 岡山・津山(毎日新聞)
<2人重傷>入院中の母刺した後自殺図る?東京の病院内(毎日新聞)
「検察審は冷静判断を」=議決前に異例の言及−小沢氏(時事通信)
レースとレース・グラス展 箱根ガラスの森美術館で開幕(毎日新聞)

医療器具販売会社に破産開始決定―東京地裁(医療介護CBニュース)

 医療器具販売の「コスモス」(東京都文京区・三沢芳太郎社長)が、先月31日付で東京地方裁判所から破産手続きの開始決定を受けていたことが、4月20日までに分かった。

 東京商工リサーチによると、「コスモス」は1965年に設立し、主に整形外科用の牽引機を取り扱っていた。97年12月期には年商約1億円を上げていたが、その後は大手との競争激化などから減収傾向が続き、2008年12月期には年商が約2200万円まで落ち込んでいた。昨年10月には実質的に事業を停止し、今回の破産手続きに至った。負債額は調査中。


【関連記事】
さいたまの双樹会に破産手続き開始決定
「メディカル・ハイネット」に破産手続き開始決定
東京・青梅市の医療法人、破産手続き開始決定―東京地裁
歯科治療用機器販売会社が破産申請―東京
医療法人社団文寿会に保全管理命令―東京地裁

2人死傷単独事故で少年逮捕=危険運転致死傷容疑−兵庫県警(時事通信)
「首相は統治能力欠如」と自民総裁=無党派層の動向注視−時事世論調査(時事通信)
雑記帳 静岡県立大の大学院生、伊東温泉で芸者デビュー(毎日新聞)
拳銃使用適正?男性死亡事件、警官2人を審判に(読売新聞)
<小沢幹事長>両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)

チューリップ 春のじゅうたん…120万本が満開 三重(毎日新聞)

 三重県桑名市長島町のテーマパーク「なばなの里」でチューリップ約120万本が満開になっている。今年は気温の低い日が続いたため見ごろの期間が長くなり、今月下旬まで楽しめるという。

【写真特集】東京・丸の内のオフィス街で8万本のチューリップ

 約4.3ヘクタールの「花ひろば」に約200種のチューリップが植えられている。赤や白など色とりどりの花が咲き誇る園内では、家族らが散策し、「華やかな春」を満喫していた。日没から午後9時まではライトアップされている。【沢木繁夫】

【関連ニュース】
【写真特集】春の美しい草花がいっぱい 毎日植物園
【特集】さくら前線北上中 全国のさくら情報満載
【写真特集】写真で見る各地のさくら便り
【写真特集】写真で見る花見今昔

<発砲>西部ガス役員宅近くの路上に数個の薬きょう 福岡(毎日新聞)
普天間問題未解決なら首相の辞任は当然 国民新・下地氏(産経新聞)
<飲酒運転>取消処分者の講習強化 今秋から(毎日新聞)
<村本さん死亡>遺体が帰国(毎日新聞)
<関西3空港>座長「じゃんけんしてよ」 大阪、兵庫舌戦やまず−−懇談会(毎日新聞)

万引で陸自隊員停職(産経新聞)

 陸上自衛隊湯布院駐屯地(大分県由布市)は5日、量販店で万引したとして、西部方面特科隊の男性2等陸尉(26)を停職50日にした。2等陸尉は依願退職する。

 同駐屯地によると、2等陸尉は2月14日午後5時15分ごろ、熊本県内の量販店でスピーカーやサプリメントなど約3万3千円相当を万引した。店の警備員が見つけ、熊本県警に引き渡した。2等陸尉は「衝動的にやってしまった」と話している。

<防犯カメラ>JR埼京線とりんかい線で増設…痴漢被害多発(毎日新聞)
<富士通>野副元社長、損害賠償提訴へ 取締役数人相手に(毎日新聞)
熊本県知事が水俣病未認定患者救済で謝意(産経新聞)
小児脳死、2回目判定は24時間後 厚労省案(産経新聞)
<詐欺容疑>桑名市の元課長、別件で再逮捕へ(毎日新聞)

大麻所持容疑の大阪府立高校教頭「仕事のストレスもあった」(産経新聞)

 大阪府立高校教頭の大麻所持事件で、府立福井高校教頭、小島靖司容疑者(49)=大麻取締法違反容疑で逮捕=が、奈良県警の調べに、「3、4年前に風俗関係の女性に勧められ初めて吸った。教頭の職務のストレスもあって吸い続けていた」と供述していることが31日、捜査関係者への取材で分かった。県警は大麻の入手経路などについて捜査している。

 小島容疑者は大麻を吸っていた動機を、「いろいろと理由はあるが、教頭としての事務処理のほか保護者との調整にあたったり、他の先生からの相談に乗ったりする仕事上のストレスがあった」と説明し、「大麻を吸うと一時的にストレスから解放された」と供述。

 吸った場所については、「(同居の)家族に気づかれないよう、誰もいないときに自宅2階にある台所の換気扇の下で吸ったほか、外出先でも吸引した」とする一方、「(勤務先の)学校には持ち込んだことも吸ったこともない」と話しているという。

 直近では、3月28日に自宅で吸ったという。

【関連記事】
大麻所持で教頭逮捕 大阪府教育長「教員も指導必要」
橋下知事「申し訳ない」 府立高教頭の大麻所持
大阪の府立高教頭が大麻所持、現行犯逮捕
JAYWALKボーカルを起訴、大麻所持は起訴猶予
深刻な芸能界の薬物汚染 またも覚醒剤取締法違反で逮捕

「1人区は自民と血みどろの戦い」 参院選で小沢氏(産経新聞)
鉄工会社従業員、死体遺棄で逮捕=社長殺害もほのめかす−福岡県警(時事通信)
<葬儀>渡辺泰憲さん=11日、東京・板橋区のときわ会館(毎日新聞)
<重度障害者>脳波で意思表示 産総研が開発(毎日新聞)
「粘り強い捜査に敬意」=中国ギョーザ事件で警察庁長官(時事通信)

<高校無償化>朝鮮学校の結論は夏ごろに 川端文科相(毎日新聞)

 高校無償化法案で朝鮮学校を支給対象とするかの判断基準となる文部科学省令の内容について、川端達夫文部科学相は25日、高校の課程に類するかどうかの検討の場を設け、夏ごろに結論を出すことを明らかにした。参院文教科学委員会で水岡俊一氏(民主)の質問に答えた。

 川端文科相は、外国人学校について「高校に類する課程」かどうかの判断基準として、文科省が定める大学入学資格を参考に、本国政府が公的に日本の高校程度と認める場合や国際的に実績のある評価機関が認定するケースは対象とする考えを示した。

 さらに、この2条件には沿わないものの、大学側の審査によって生徒個々人について大学入学資格が認められている朝鮮学校などのケースについては「教育の専門家の検討の場で、客観的な判定の仕組みを議論してもらい第三の道を作ろうと考えている」と述べた。【本橋和夫】

【関連ニュース】
高校無償化:自治体は配慮を 川端文科相
高校無償化:朝鮮学校にも適用を 大学教授らが首相に要請
子ども手当:6月支給開始へ 高校無償化は4月
高校無償化:法案可決 子ども手当法案も 衆院本会議
高校無償化:衆院本会議で法案可決 4月実施へ

パラマウント誘致にご執心 橋下知事が怒鳴りつけた相手とは…(産経新聞)
<中国毒ギョーザ>公安当局の説明になお疑問も(毎日新聞)
<フロアマット>「全天候型」16車種でアクセルに接触(毎日新聞)
独自の排出枠制度を検討=直嶋経産相(時事通信)
「北野をどり」きょう開幕(産経新聞)

<ウェブコンクール>日本眼科医会など10サイト運営者表彰(毎日新聞)

 体の不自由な人やお年寄りにも使いやすいウェブサイトを表彰する「だれもが使えるウェブコンクール」(NPO法人ハーモニー・アイ、同実行委員会主催、毎日新聞社後援)の表彰式が26日、東京都千代田区の毎日ホールで開かれた。日本眼科医会が金賞に選ばれるなど計10サイトの運営者を表彰した。他の受賞者は次の通り。

 ▽銀賞「広島県府中市公式ホームページ」▽銅賞「ゆうゆうゆう 障害者・高齢者に役立つ!ユニバーサルネットコミュニティ」▽入賞「『桃 ゆめ花』公式サイト」「大阪大学」「青森県庁ホームページ」「ECOZZERIA(エコッツェリア)」「大阪府ホームページ」▽毎日新聞社ユニバーサロン賞「生活協同組合パルシステム東京」▽クリーク・アンド・リバー社賞「Website Usability Info」

「定数削減、統一選で問う」大阪の橋下知事(産経新聞)
<福島党首>国会同意人事案に署名「反対だがやむをえない」(毎日新聞)
7都県で偽一万円札使用か=特徴似た151枚発見−行使容疑で3人逮捕・警視庁など(時事通信)
企業の教育訓練費、半減=実施割合は過去最低−厚労省調査(時事通信)
パチンコ店から300万円奪う=男2人、店長ら縛り景品も−東京(時事通信)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
日本ダービー
探偵事務所 関東
競馬情報
総量規制
安田記念
ライブチャット
情報商材レビュー
selected entries
archives
recent comment
  • <乱気流事故>ベルトの着用、揺れ直前に点灯か 運輸安全委(毎日新聞)
    タランチュラ (06/12)
  • <乱気流事故>ベルトの着用、揺れ直前に点灯か 運輸安全委(毎日新聞)
    にゃん子 (06/02)
  • <乱気流事故>ベルトの着用、揺れ直前に点灯か 運輸安全委(毎日新聞)
    とろろいも (01/16)
  • <乱気流事故>ベルトの着用、揺れ直前に点灯か 運輸安全委(毎日新聞)
    オリンキー (01/05)
  • <乱気流事故>ベルトの着用、揺れ直前に点灯か 運輸安全委(毎日新聞)
    サキューン (12/31)
  • <乱気流事故>ベルトの着用、揺れ直前に点灯か 運輸安全委(毎日新聞)
    リョータ (12/26)
  • <乱気流事故>ベルトの着用、揺れ直前に点灯か 運輸安全委(毎日新聞)
    ポリエモン (12/22)
  • <乱気流事故>ベルトの着用、揺れ直前に点灯か 運輸安全委(毎日新聞)
    ポロネーゼ (12/05)
  • <乱気流事故>ベルトの着用、揺れ直前に点灯か 運輸安全委(毎日新聞)
    さもはん (11/26)
  • <乱気流事故>ベルトの着用、揺れ直前に点灯か 運輸安全委(毎日新聞)
    XXまるおXX (11/23)
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM